長期間ログインされておりません
愛人契約


今日:00001
昨日:00001
総合:00277

パパ探し
高級マンションに住み、愛玩犬を買う。愛人契約をした当初はそういう漠然とした生活を思い描いていた。といっても、そういう生活にあこがれがあったわけではない。月100万プラス家賃と光熱費、車の維持費、面倒なことは全部相手がやってくれる。
私はただ生きてるだけ。彼だけのために生きているという、そういう意味での愛人契約なのだ。
私が他の男と話しているのが許せない。他の男が私を見るのが許せない。私が私として自分の世界を持ち、社会と接触するのが許せない。あらゆる権利を放棄し、籠の鳥になるという意味での愛人契約。彼が死ぬまで私は月にお金をもらい、広いマンションに一人暮らしを強いられる。彼に同伴する時以外、無用な外出は禁じられている。実質監禁状態といっていい。
彼は、背が小さいのだ。それがどうやらコンプレックスで、異常に嫉妬深い。そういう男はSに走りがちだが、彼の場合は「赤ちゃんプレイ」。
だからこそ、彼には社会と断絶した空間が必要なのだろう。そのためのマンションであり、そのためのパートナーである。愛人契約とはいえ、相手は赤ちゃんのふりをしたオッサン。放置プレイもなかなか燃えるらしい。おむつして手足を拘束してあとは放置なんてことも大喜びでやっている。
こういうかなり美味しい、いや、あやしい仕事もあるのだ。ネットの愛人募集サイトで見つけた仕事だが、満足している。私の顔や容姿は並。相手は赤ちゃんなのだ。赤ちゃんは母親を選ぶことはできないから、応募してきた人のことは100パーセント受け入れるつもりだったと彼はいう。相手の顔が嫌だとか、性格が嫌だとか、赤ちゃんは母親にそんなことを要求しないものだから、だそうだ。
お父さん
パパ募集
[HP編集]